FC2ブログ
龍馬が生きていた時代にもしブログがあったら…。 激動の幕末を歴史の推移と共に紹介し、京都・萩・鹿児島・高知など今に残る史跡を紀行していく。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
宇津木六之丞
2010-03-03 Wed 22:33
宇津木六之丞

生:文化6年(1809)
没:文久2年(1862)10月27日
彦根藩士

略歴

文化6年、彦根藩士・古沢六右衛門の4男として生まれる。

文政4年、宇津木六之丞景俊の養嗣子となり家督を継ぐ。

文政10年、江戸へ出府し、藩主・井伊直亮の使番取次となる。

天保5年、母衣役に任命され彦根に戻る。

天保12年、物頭に任命される。

弘化3年、表用人に任命される。

安政5年、井伊直弼が大老となると公用人となり、安政の大獄の采配を振るう。

文久2年、藩政変により斬首される。54歳

墓所:滋賀県彦根市古沢町の清涼寺


一口メモ

公用人として活動していた時期に著した日記『公用方秘録』は日米通商条約調印や将軍継嗣問題の事情を知る上で大変貴重な史料となっている。


カスタム検索




スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
<<片桐貞利 | 龍馬がブログ | 津軽信順>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 龍馬がブログ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。