FC2ブログ
龍馬が生きていた時代にもしブログがあったら…。 激動の幕末を歴史の推移と共に紹介し、京都・萩・鹿児島・高知など今に残る史跡を紀行していく。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
多田帯刀
2010-03-04 Thu 19:54
多田帯刀

生:天保2年(1831)5月26日
没:文久2年(1862)11月16日
金閣寺侍

略歴

天保2年、金閣寺住職・北澗承学禅師、母・村山可寿衛の子として生まれる。

金閣寺代官・多田源左衛門の養子となる。

安政の大獄に際し、長野主膳の密命で勤王派公家・志士の動静を探索する。

文久2年、粟田口にて長土両藩の尊攘派志士に襲われ斬首、三条河原東詰にて梟される。32歳

墓所:京都府京都市左京区の金福寺


カスタム検索




スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
<<(天誅)多田帯刀 | 龍馬がブログ | (天誅)村山可寿江生け晒し>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 龍馬がブログ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。