FC2ブログ
龍馬が生きていた時代にもしブログがあったら…。 激動の幕末を歴史の推移と共に紹介し、京都・萩・鹿児島・高知など今に残る史跡を紀行していく。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
(天誅)家里新太郎
2011-11-19 Sat 22:56
文久3年(1863)5月20日、尊攘派志士から公武離間活動をしていると誤解され、京都にて姫路藩士・伊舟城源一郎、江坂元之助、江坂栄次郎、松下鉄馬、市川豊次らにより暗殺される。

一、当町内千切屋重助借家、儒者家里新太郎と申す三十七歳になり候者方へ、昨夜九ツ時分、見知らぬ帯刀人三、四人罷り越し、理不尽に真太郎首切り取り、持ち帰り、扇子に別紙の通り書き認め残し置き候に付き扇子持参、この段、御断り申し上げ奉り候。以上。
  亥五月二十日
            年 寄  彦兵衛
            五人頭  勘右衛門

(『町年寄彦兵衛届書』)


                    家里新太郎
この者、姦佞の性質をもって儒者と称し、上本を業とし、書画を売買致し候儀はなお小罪に候。
幕府の吏人に内通し、名教を乱し、正義を敗り、公武離間の計を廻らし候段、不届き候。
先達て逃げ去り候ところ、またまた立ち帰り候は、自ら天誅を招き候もの也。
よって、ついに残戮し、その余の奸曲罪魁をこらすもの也。
   五月二十日

(『東西紀聞』)


カスタム検索




スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:1
<<姉小路公知 | 龍馬がブログ | 家里新太郎>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


文久3年(1863)5月20日、尊攘派志士から公武離間活動をしていると誤解され、京都にて姫路藩士・伊舟城源一郎、江坂元之助、江坂栄次郎、松下鉄馬、市川豊次らにより暗殺される。 一、当町内千切屋重助借家、儒者家里新太郎と申す三十七歳になり候者方へ、昨夜九ツ時分... …
2012-05-02 Wed 14:38 まとめwoネタ速neo
| 龍馬がブログ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。