FC2ブログ
龍馬が生きていた時代にもしブログがあったら…。 激動の幕末を歴史の推移と共に紹介し、京都・萩・鹿児島・高知など今に残る史跡を紀行していく。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
中島名左衛門
2012-08-14 Tue 20:33
中島名左衛門

生:文化14年(1817)
没:文久3年(1863)5月29日
洋式砲術家
正五位

略歴

文化14年、肥前国南高来郡守山村にて庄屋・中村正令の三男として生まれる。

天保3年、西洋砲術を学ぶため長崎に行く。

町年寄・高島秋帆の家来となり、出島に赴き砲術の講義を受ける。

町年寄・久松家の執事・中島名左衛門の養子となり襲名する。

安政2年、砲術師範となり長崎地役人及び諸藩士に砲術を教授する。

文久元年、豊後府内藩に招聘される。

文久3年、長州藩に招聘され下関付近の測量と砲台構築にあたる。

文久3年5月29日、下関外国船打払いに慎重論を唱えたため主戦論者により暗殺される。47歳

墓所:長崎市東小島町の正覚寺
墓所:山口市椿郷の光福寺
墓所:下関市新地の妙蓮寺


カスタム検索




スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:1 | トラックバック:0
<<京都越前藩邸へ | 龍馬がブログ | 田中新兵衛>>
この記事のコメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2012-11-24 Sat 11:42 | | #[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 龍馬がブログ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。