FC2ブログ
龍馬が生きていた時代にもしブログがあったら…。 激動の幕末を歴史の推移と共に紹介し、京都・萩・鹿児島・高知など今に残る史跡を紀行していく。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
文久3年(1863)6月
2013-05-27 Mon 19:25
おっす龍馬ぜよ。今年で29歳になるぜよ。
今日は文久3年6月の歴史を振り返るきに。
ちなみに土佐弁は偽物じゃきに。


6月1日
米国軍艦「ワイオミング号」が長州藩へ報復攻撃し長州軍艦3隻を沈没、亀山砲台を破壊する。

6月1日
明石藩の要請により、軍艦奉行並・勝義邦に従い舞子浜の砲台を改修する。

6月1日
長州藩壬戌丸水夫・井原嘉平次、下関海峡で米艦の砲撃を受け戦死。(25歳)

6月1日
長州藩壬戌丸水夫・小山惣右衛門、下関海峡で米艦の砲撃を受け戦死。

6月1日
長州藩壬戌丸水夫・斎藤亀蔵、下関海峡で米艦の砲撃を受け戦死。

6月1日
長州藩壬戌丸水夫・七五郎、下関海峡で米艦の砲撃を受け戦死。

6月1日
長州藩壬戌丸水夫・助重助三郎、下関海峡で米艦の砲撃を受け戦死。

6月1日
長州藩壬戌丸水夫・堀寅蔵、下関海峡で米艦の砲撃を受け戦死。

6月1日
長州藩壬戌丸水夫・山本弥八、下関海峡で米艦の砲撃を受け戦死。

6月1日
長州藩壬戌丸水夫・横山市平、下関海峡で米艦の砲撃を受け戦死。

6月1日
久留米藩士・真木和泉が山口を発す。

6月2日
老中格・小笠原長行軍が枚方に至る。

6月2日
岡山藩主・池田茂政が京都を発し帰藩の途に就く。

6月2日
壬生浪士十名が浪士捕縛の為大坂に向う。

6月2日
軍艦奉行並・勝義邦に依頼して門下生に加えられた土佐藩士・廣井磐之助が紀泉の国境で父の仇・棚橋三郎を討ち取る。

6月2日
土佐神官・掛橋和泉、同志脱藩の資金援助を養母に疑われ同志の秘密を守るため小銃自殺。(28歳)

6月3日
征夷大将軍・徳川家茂が東帰の前に将軍輔翼・徳川慶勝、老中・水野忠精、板倉勝静、京都守護職・松平容保、高田藩主・榊原政敬ら在京諸侯を従え参朝する。

6月3日
壬生浪士が大坂にて浪士・高沢民部、柴田玄蕃ら二名を捕縛する。

6月3日
壬生浪士組士、芹沢鴨・山南敬助、沖田総司、永倉新八、平山五郎、野口健司、斎藤一、島田魁らが大阪・堂島川で舟遊びをし、上陸後蜆橋で大阪力士と乱闘となる。夜、近藤勇、芹沢鴨の連名で乱闘の顛末書を東町奉行所に提出する。

6月3日
土佐藩士・武市半平太が前土佐藩主・山内豊信に藩政改革を建議する。

6月4日
老中首座・水野忠精が老中格・小笠原長行軍に駆けつけ勅命・幕命による上洛の禁止を説得する。

6月4日
大坂力士・熊川熊次郎、前日の壬生浪士組との乱闘で負った傷がもとで死亡。

6月5日
中川宮尊融親王が書を上りて攘夷先鋒の命を賜らんことを請う。

6月5日
征夷大将軍・徳川家茂が親書を送り老中格・小笠原長行へ上洛禁止を命じる。

6月5日
長州藩が仏国軍艦「セミラミス号」・「タンクレード号」の攻撃を受け前田・壇ノ浦の砲台が破壊される。

6月5日
長州藩主・毛利敬親が山口に藩士・高杉晋作を召し、対仏戦敗戦に関し意見を求め馬関防御を命じる。

6月5日
長州藩士・佐々木又四郎、前田浜砲台に上陸した仏軍の捕虜となることを恐れ茶臼山にて自刃。(26歳)

6月5日
長州藩士・山田源槌、前田浜砲台に上陸した仏軍の捕虜となることを恐れ茶臼山にて自刃。

6月5日
長州藩庚申丸・上田仁兵衛、下関海峡で仏艦の砲撃を受け戦死。

6月5日
長州藩庚申丸・西林利吉、下関海峡で仏艦の砲撃を受け戦死。

6月5日
長州藩士、先鋒隊士・山内賢之允、前田台場にて砲撃を受け戦死。(22歳)

6月6日
老中・板倉勝静が老中格・小笠原長行軍に駆けつけ解兵を命令する。

6月6日
長州藩士・高杉晋作が下関に至り豪商・白石正一郎宅に入る。

6月7日
朝廷が征夷大将軍・徳川家茂の江戸帰府を承認する。

6月7日
長州藩士・高杉晋作・来島又兵衛等が謀議し同志を糾合して奇兵隊を結成、奇兵隊綱領を作成し、河上弥一に山口藩庁へ届けさせる。

6月7日
久留米藩士・真木和泉が大坂に至る。

6月7日
岡山藩主・池田茂政が帰藩する。

6月7日
土佐藩鍛冶職・小松小太郎、蝦夷視察のため北上中船中にて病死。(21歳)

6月8日
元侍従・中山忠光が上京し長州藩邸に入る。

6月8日
久留米藩士・真木和泉が京都に入る。

6月8日
長州藩士・吉田稔麿、堀真五郎らが淀城下にて探索を行う。

6月8日
土佐藩士・平井収二郎、間崎哲馬、広瀬健太が青蓮院宮(中川宮)から令旨を賜り、それを楯に藩政改革を行おうとしたが、前土佐藩主・山内豊信の怒りにふれ切腹を申し付けられる。
(青蓮院宮令旨事件)

6月8日
土佐藩士・平井収二郎、中川宮を利用して藩政改革を行おうとし前藩主・山内豊信の怒りにふれ切腹。(29歳)

6月8日
土佐藩士・間崎哲馬、中川宮を利用して藩政改革を行おうとし前藩主・山内豊信の怒りにふれ切腹。(30歳)

6月8日
土佐藩士・広瀬健太、中川宮を利用して藩政改革を行おうとし前藩主・山内豊信の怒りにふれ切腹。(28歳)

6月9日
江戸城西ノ丸が炎上焼失する。

6月9日
征夷大将軍・徳川家茂が大坂城に入り、老中格・小笠原長行を罷免する。

6月9日
長州藩士・吉田稔麿、堀真五郎が征夷大将軍・徳川家茂の下坂の様子を偵察する。

6月10日
米・英・仏・蘭の4カ国代表が横浜にて協議し長州攻撃を決定する。

6月10日
蘭学者、医学者、敵塾主催・緒方洪庵、江戸にて病死する。(54歳)

6月12日
長州藩士・高杉晋作が馬関惣奉行手元役に任命される。

6月12日
長府藩医・興膳昌蔵、石炭密売の嫌疑で攘夷派に疎まれ奇兵隊士により暗殺される。(37歳)

6月13日
征夷大将軍・徳川家茂が老中・水野忠精、板倉勝静らを従え大坂城を発し軍艦「順動丸」に乗艦、大坂港を出港する。

6月13日
将軍後見職・一橋慶喜が関白・鷹司輔熙に書を送り重ねて辞職を請う。

6月13日
第9代小諸藩主・牧野康哉、死去。(46歳)

6月14日
土佐藩士・中岡慎太郎、島村寿太郎、大石弥太郎、島村衛吉らが安芸に向かい清岡治之助を訪ねる。

6月14日
福井藩御側用人・中根雪江が蟄居謹慎を命じられる。

6月14日
坂本乙女宛書簡
(龍馬の手紙)

6月16日
征夷大将軍・徳川家茂が江戸へ至る。

6月16日
池内蔵太の母宛書簡
(龍馬の手紙)

6月17日
京都守護職・松平容保、前尾張藩主・徳川慶勝と謀り速やかに攘夷応援の朝旨を布告する事を老中・水野忠精等に促す。

6月17日
長州藩家老・清水清太郎、同藩士・桂小五郎、佐々木男也、寺島忠三郎らが久留米藩士・真木和泉を京都東山「翠紅館」に招き攘夷親征に関し議す。

6月18日
姫路藩主・酒井忠績が老中に任命される。

6月18日
杵築藩士・日田邦太、開国論を唱えた為広島にて暗殺される。

6月19日
老中・板倉勝静が幕府に辞職を請う。

6月20日
長州藩士・吉田稔麿が京都を出立し山口へ向かう。

6月21日
薩摩藩への御所九門の出入り禁止が解かれる。

6月22日
英国東洋艦隊が横浜を出航し鹿児島へ向かう。

6月23日
久留米藩士・真木和泉が長州藩士・桂小五郎を訪ねる。

6月24日
将軍後見職・一橋慶喜が関白・鷹司輔熙、に書を送り重ねて辞職を請う。

6月24日
長州藩士・高杉晋作が下関から山口へ向う。

6月24日
公家・武者小路実建、死去。(54歳)

6月25日
朝廷が京都守護職・松平容保に東下を命じる。

6月25日
再び明石藩からの要請により舞子に至り、砲台を改修する。

6月26日
水戸藩主・徳川慶篤が関白・鷹司輔熙、に書を送り将軍後見職・一橋慶喜の上京の勅命を賜ることを請う。

6月26日
長州藩士による老中・小笠原長行襲撃の勧誘を断る。

6月26日
徳島藩儒・安芸田面、公武合体を説き京都二条新地で暗殺される。(49歳)

6月26日
浪人・植村長兵衛、壬生浪士と偽って金策したことにより京都にて斬殺、梟首される。

6月26日
近衛篤麿、京都にて左大臣・近衛忠房の長男として生まれる。

6月27日
京都の福井藩邸で村田巳三郎と面談する。

6月27日
英国東洋艦隊七隻が鹿児島湾に侵入、生麦事件の謝罪・犯人処罰・賠償金を薩摩藩に要求する。

6月27日
薩摩藩、西瓜売りに化けた決死隊をイギリス艦隊に送り込み軍艦を乗っ取ろうとしたが乗船を許されず失敗する。

6月27日
長州藩主・毛利敬親が高杉晋作を政務役とし奇兵隊総督に任命し下関に駐在させる。

6月27日
久留米藩士・真木和泉に学習院出仕を命じる。

6月27日
壬生浪士・芹沢鴨が角屋で乱暴を働き角屋に営業停止七日間を申し渡す。

6月28日
福岡藩士・平野国臣が福岡を出立し京都へ向かう。

6月28日
坂本乙女宛書簡
(龍馬の手紙)

6月29日 長州藩主・毛利敬親が家老・清水清太郎、留守居・村田次郎三郎に、武家伝奏・野宮定功、議奏・三条実美に元侍従・中山忠光の赦免を嘆願させる。

6月29日
浪士・石塚岩雄が壬生浪士を騙って大坂の今橋筋富家に押し入り借財を強要する。

6月29日
長州藩士・高杉晋作が下関に戻る。

6月29日
軍艦奉行並・勝義邦の使者として福井藩邸を訪れ監察・村田巳三郎と面談する。

6月29日
坂本乙女宛書簡


カスタム検索




スポンサーサイト
別窓 | 文久3年(1863) | コメント:0 | トラックバック:0
| 龍馬がブログ | 京都越前藩邸へ>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 龍馬がブログ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。